星見人 ~スターゲイザー~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「サブリナさん、こんにちは時計の配達に来ました」リドの西隣の小さな村、メルト。村人達は酪農を主な生業としているこの村に、ピーターは午前中最後の配達の為に立ち寄っていた。
「あら、ピーター君ご苦労様」
木の下で、羊の番をしているメリッサ・メルト・サブリナはピーターに気付くとにっこりと微笑みながら歩み寄る。
「えーっと、サブリナさんは置き時計の修理ですよね?」
「そうそう、うっかり暖炉から落っことしちゃってね…。直ったかしら?」
「ええ、もちろんです」
斜め掛けの配達カバンから丁寧に包まれた箱を取り出しながら彼は言う。
そして、ラベルの名前を確認してからメリッサへと伝票とペンも一緒に手渡す。「じゃあ、受け取り欄にサインお願いします」
彼女は受け取ったペンでサインを書き入れるとエプロンのポケットから数枚の紙幣を取り出してから伝票をピーターに差し出す。
「はい、ありがとう。修理費はいくらかしら?」
「ええと、部品代と工賃で1500Gですね」
「じゃあ、これで」
「はい、ちょうどお預かりします。いつもありがとうございます」

「じゃあ、またお願いします」
受け取った代金をカバンにしまい、一礼して帰ろうとしたところだった。
「ピーター兄ちゃーん!」黄色い声をあげ、チョコレート色の長い髪を二本の三編みにした少女が実に嬉しそうにピーター目掛けてミサイルさながらの勢いで飛び付いて来た。
「ふごぅっ!?」
「ピーター兄ちゃん!この前のお話の続きしてよ!!」突っ込んだ拍子にピーターのみぞおちに頭突きを喰らわせた事など気付いていない彼女、エコー・メルト・レングスはまるで、喉を鳴らして甘える仔猫の様に尻餅を着いたピーターに抱き付いた。
「エコー、お前なぁ…」
噎せ込みながら彼はエコーを引き剥がす。
「だって、この前『すぐにまた来るよ』って言ってたのになかなかピーター兄ちゃん来てくれないんだもん。エコー寂しかったよぅ」「配達が遅くなったのは父さんのせいだ。俺は悪くない」
するとエコーはぷくぅっと頬を膨らませながら文句を言う。
「配達がなくても遊びに来てくれたっていいじゃん!!それにお話だってまだ途中でしょっ!!」
「なんで俺なんだよ、他の人から聞けばいいだろ?」ベタベタと纏い付くエコーに苛立ちを覚えながらもピーターはズボンに付いた砂埃を払い落としながら立ち上がる。
「エコーはピーター兄ちゃんから聴きたいのっ!!」
「今日はダメ。午後にもヘスティアの方に配達があるし、俺は腹がへった。だから家に帰って昨日の残りのシチューを食う!!」
ちょっと大人気ない断りかたをするピーター、泣き出しそうな勢いで駄々を捏ねるエコー。そんな二人を微笑みながら見ていたメリッサが声を掛ける。
「ピーター君、お昼ご飯うちで食べていかない?エコーちゃんも一緒に」
「でも、悪いですし…」
「本当!?メリッサ大好き!!」
ピーターの返事を聞く前にエコーはピョンと彼女に飛び付く。
「じゃあ、決まりね。ピーター君お昼ご飯の準備してる間にエコーちゃんにお話の続きしてあげて!」

一時保存です

スポンサーサイト
別窓 | 長編小説 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 星見人 ~スターゲイザー~ | 免許について生温く語ってみる。>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-10 Sat 02:31 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 星見人 ~スターゲイザー~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。